神楽洞夢 Okasan Digital Dome Theater

施設案内

神楽洞夢の概要
神楽洞夢の目的

神楽洞夢の概要

岡三デジタルドームシアター「神楽洞夢」は、岡三証券グループ創業90周年事業の一環として2013年10月に竣工、翌年4月より本格的運用いたしました。

施設概要

施設名称 岡三デジタルドームシアター
神楽洞夢(かぐらどうむ)
ドーム直径 14.4m
座席数 80席

機材概要

スペースシミュレーター「UNIVIEW」について
     Uniview(ユニビュー)は、アメリカ(アメリカ自然史博物館)、スウェーデン(SCISS AB社)、日本(株式会社オリハルコンテクノロジーズ)の三カ国共同で開発されている、最新鋭のインタラクティブな宇宙映像ソフトウェアです。

     NASA とアメリカ自然史博物館監修による宇宙データベース「デジタルユニバース(Digital Universe)」を備え、地球から宇宙の果てまで を最新のグラフィックス技術で描き出します。映画のようなドーム演出のために設計された操作性、息をのむほど美しい地球や太陽系の姿、最新の天文学研究成果の可視化。これらに加えて、全天周映像の投影やインタラクティブなドームプレゼンテーション機能、自動番組制作やシアター設備制御を統合したシステムです。
スペースシミュレーター「UNIVIEW」
プロジェクターについて
     4K × 2K プロジェクター(BARCO社製SIM10) 5台を駆使し、14.4mのドームに7K解像度を実現しました。

     単位面積当たりの解像度は世界最高クラスです。

    ドームスクリーンも映像に最適化されており、ドームに映し出される映像は、3D以上のリアリティを実現しています。
プロジェクターについて
照明・音響システムについて
  • マルチ照明

    ドーム内を鮮やかに演出するRGB+Wの高輝度LED照明

  • 立体音響

    解説、BGM、講演会等多様な利用を 想定したサラウンド空間を構築

照明・音響システム
ページトップへ戻る

神楽洞夢の目的

地域への貢献:学習上映
  • 学習指導要領に基づく津市小学生向けの投影(予約制)
  • 一般公開(毎週木曜日 16:00)
ドームシアター
新しいプレゼンテーション空間
  • ドームシアターならではの表現力を活かし、投資情報などのプレゼンテーション空間として活用
ドームシアター
ページトップ